本物と偽物

グレー

つくづく我々は偽のイメージに慣らされているなと思う。

現在の「素材の擬態」を巡る状況を俯瞰した上で、
本物と偽物の問題について書いてみたいと思う。


例えば温泉に行くとする。
すると露天風呂に石が荒々しく周囲に並べられ、湯煙が立っている。
おお、なんと野趣あふれる造り!・・・と思うのも束の間、・・・よく見ると擬石、擬岩なのである。

建築の素人の方には分からないかもしれないが、こうしたものはコンクリートやモルタル、FRPなどの素材を固めて、
表面を塗装して石のように見せかけているのである。
(もちろんホントの石を使っている温泉もたくさんあるが。)
なぜ本物の石を使わないのか、と言えば、もちろんコストが高いから。
巨大なものであれば、莫大な費用がかかる。

これらの素材は言ってみれば擬態である。
私たちの周囲はすっかりそれらに囲まれ、何も感じなくなってしまっている。
問題はここからはじまる。

 

擬態したものが工場のラインに載ると本物より安くなる。
偽石と本物の違いが見抜けないほど精巧に出来ているのだから、大半の人にとっては安い方が良くなっていく。
すると本物を扱っている会社や職人たちの仕事が圧迫されてくる。

さらに連鎖は続く。
市場に擬態が出始めると、今度は擬態同志が争い始める
どういうことか?
擬態に付加価値を付けてくるのだ。

より本物らしい偽物、
より高機能な偽物、
高級感のある偽物・・・という具合だ。

今では本物より木らしいテクスチャーをもった建材が出ている。
表面だけ薄い本物素材を使い、耐久性や見栄えを良くするため様々な加工を施しているものもある。
光に反射させて見ると微細な凹凸が付いており、まるで木そのものである。
しかしそれはまるで木のようだが、似て非なるものだ。

こういった商品は、我々が木に対して持っている「イメージ」をリサーチし、マーケティングする。
そうした要素を抽出して寄せ集めて、イメージの上澄みのような製品をつくる
こうしてイメージや機能性を互いに上回ろうと、擬態同士の争いに拍車がかかっていくのである。


 

ここまでの話でぴんと来ない人がいるかもしれない。
では身の回りに溢れかえっている擬態とは何か?
例えば何の変哲もない木目のオフィス机。
 120410-2.JPG

・・・ここに10倍ルーペがある。
(こういうの買う人はあまりいないと思うが・・・。)
120410-1.JPG

さて、これを先程のデスクの上に置いて見る。
ちょうどルーペを置いた天板上で焦点が合う。
120410-4.JPG

 

土星みたいだけど、10倍ルーペから覗くとこんな感じだ。
この時点でも分かる方がいるかもしれないが、細かいドットで構成されている。
120410-5.JPG

 

さらに画像を拡大処理すると、もう単に色の粒子が寄せ集まっているだけだとわかる。
つまりインクジェットプリンタのようなものでプリントされている、ということだ。
普通の人は肉眼ではまず分からない。
120410-3.JPG

 

 

見慣れている木目の机さえ巧妙なプリントなのだ。
・・・こんな具合に身近な所に擬態した表層というのはごまんとある。
※切り口が黒いからメラミン化粧板だとわかる。
メラミンの良いところは堅くて耐久性、耐摩耗性、耐水性があるところ。
臭いもしない。


本題に戻ろう。
いわゆる本物素材は扱いが難しい。
製造、輸送、施工、維持に至るまで、膨大な手間暇をかけて管理をしなければならない。
するとコストアップに繋がる。
本物素材ならではの割れやへこみなどクレーム処理の費用もかさむ。
そんな中で疑似建材は生まれてきたと考えて良い。
しかも人工的に加工が可能なため、イメージを付加できるというおまけがついていた。

例えば、サイディングと言われる建材は成型できる素材だからテクスチャーは自在で、
割石風、煉瓦調、タイル風、しっくい風・・・などなど、もはや何でもありだ。

コピーだの偽物、偽装だの騒ぎ立てる昨今だが、
不思議なことに、なぜかこうした建材の疑似性については問題視されることもなく、社会問題にならない。
それは建材を供給するメーカーと消費者が、実は共犯関係にあるからである。
メーカーが普及させたとは言えるけれど、同時にそれは消費者が望んだ結果でもあるからだ。

材木屋の友人からこんな話を聞いた。
とある幼稚園から相談され、屋外デッキにハードウッドを提案したそうだ。
ハードウッドは風雨にさらされるとだんだん脂が抜け、グレーに変色していく。
グレーになるのを遅延させるためには、何かしら保護塗装をかけるが、
それも少しずつ劣化する。
わびさびの感覚ではないが、その風化の味わいは捨てがたい素朴な魅力がある。
しかしそれを指して、園長先生に「木は汚くなるから嫌。」と一蹴され、
結局木の粉と樹脂を混ぜた経年変化しにくい人工建材が採用された、と嘆いていた。
消費者が望んだ結果でもあるというのは、つまりこういうことだ。


では本物と偽物は明確に区分けが出来るのだろうか?
例えば「突き板練り付け」の木製建具というのがある。
先程取り上げたメラミンなどの樹脂系面材を使ったものでなければ、フラッシュ建具のほとんどがこれだ。
突き板()というのは材木を加工機械に入れて
「大根のかつらむき」のように木を薄くスライスした板のことである。
ではこの場合、それは本物の木を使った建具である、と言えるだろうか?
確かに本物が使われているからある意味正しいが、
これとて大量の接着剤無しには成立しないのである。
ぺらぺらになった突き板を建具の骨組みに貼り付ける際に接着剤を使う。
ならば木を粉のようなチップにして接着剤を混ぜ、熱で固めた木製建具を偽物と言いきれるだろうか?
このように偽物だ、本物だと言っても、その境目は限りなく曖昧である。

昔は刃を設置した台に槍を突くように材木から薄い単板を作っていたことから「突き板」と呼ばれるようになった。薄くスライスして使うので無駄が出にくく、高価な銘木の面材を大面積で確保できる事から、安価に使うことができる。建具の中身を、木の骨組で作れば、木の質感を楽しみつつも軽い建具として使える。中身が詰まった状態だと重すぎて、子供やお年寄りには開けにくい。だから使い勝手の面からも、素材を無駄なく使うといった資源の観点からも合理的な作り方である。
昔は米糊や膠(にかわ)が使われていたが、現在は合成樹脂系接着剤がほとんどだろう。


我々の社会は本物と偽物が混在した状況と分かちがたく結びついてしまった
建築を設計する際に、素材の選択に対してどのような判断基準を持つかということが問題になってくる。もはや選択の価値基準を本物か偽物か、といった単純な指標に求めることができないからである。

多くの人は素材に関して「偽物はだめで、本物がいい」という観念をなんとなく持っていると思うけれど、上述のように突き詰めていくと、現代ではほとんど無効化して意味を成さない区分けだと思うようになった。。