Tokyo Midtown Award応募案
キャンドルスタンド : 3 air filters

ゆらめく炎は安らぎをもたらします。

しかし現代の日本の住宅事情では危険性と隣り合わせで、なかなか手を出しにくい存在です。そこで異なる透明素材を層状に構成して、火を三層の空気でくるんだキャンドルスタンドを提案しました。
3air-4

この3層の構成によって得られるキャンドルスタンドの特性は次の5つ。

①風が吹いても消えない
同じ側の上下に吸気用と排気用の穴が開いており、風が吹いてもスタンド内は等圧となり、吹き消えません。屋内だけでなく、例えばレストランの屋外デッキでも使えます。

②ぶつけても割れない
1層目は耐熱ガラス。
2層目は通常のガラスでできている。
3層目の最外部は衝撃に強いポリカーボネートでできている

③水がかかるところでも使える
もし屋外や浴室で使った場合、炎に最も近いガラスは水がかかると熱収縮によって熱割れを起こす可能性があります。しかし3層の殻で柔らかく火を包むことで熱割れを回避できます。しかも、水がかかっても消えません。

④触ってもやけどしない
3層の空気層によって、熱された空気が迂回しながら上昇して順次空気と混ざっていき、最外部は触れることができる温度まで下がります。赤ちゃんがいても安心して使えます。

⑤倒れても引火しない
空気を迂回させるための穴は、180度互い違いに配置してあります。倒れても引火せず、しかも溶けたロウが流れ出ることもありません。

火を安全にコントロールすることができるようになれば、心休まる時間を手軽に楽しめると思いました。