新潟県松之山・自然科学館コンペ

新潟県十日町の松之山における松之山ステージ・自然科学館実施設計コンペ応募案

松之山ステージ (1)

大学を卒業直後に応募した案。今見返すと、ぎょっとするようなプランだが野心的な提案だったと思う。

地方に建てる建物は自然の中に建てるので、敷地の輪郭が不定型であることも多い。そのような不定型さを乗り越えて、環境に配置し、松之山の自然と調和を図ることがテーマとなった。求められているスペースを部屋のブロックとして、数珠つなぎで配置するというプランである。中心から各部屋を通して、パノラマ状に松之山の風景を取り込む森の活動施設として考えた。

数珠つなぎモデルによって、地域参加型でワークショップを開いた際に、公共施設のあり方を議論するツールとなることを想定している。公共建築を考える際に、わかりやすくシンプルなモデルを提示することで、人々と前提条件や内容を整理・共有し議論を進め得るという可能性に気づいたコンペだった。


松之山ステージ (2)

  松之山ステージ (3)