東京都品川区旗の台・分譲住宅B号棟
オーダーキッチンと注文家具

東京都品川区旗の台・分譲住宅B号棟 注文家具 [2011]

 

建設途中にお客様がこの住宅を購入された直後からオーダーキッチンを希望されていました。TOYO KITCHENのBAYというシリーズです。一緒にショールームに行きながら打合せしてこのデザインに落ち着きました。右奥のカップボードはBAYに合うように弊社にオーダー家具としてご依頼されました。カップボードのカウンターと吊り戸の間は透明なガラスモザイクタイルを貼っています。カップボード製作は西崎工芸さんにお願いしました。カップボードの場合、弊社の家具設計料と西崎工芸さんの制作費を合わせると結構良いお値段になってしまうのですが、お客様には大変満足して頂きました。

旗の台B号棟造作家具 (2)

扉や引き出しを締めるとき、バタンと鳴らず、閉まる直前でゆっくり静かに閉まるようになっています。扉も引き出しもそのような仕様になっています。カップボードの引き出しはキッチン前の通路の邪魔にならないように、取っ手の無いデザインとし、ブルモーションタンデムチップオンを入れました。引き出しの前板を押すとロックがずれて手前にスライドしてきます。吊り戸には耐震ラッチと開き扉用のブルモーションを入れてあります。閉めた時に「バタン」という音がしないのです。収納としてはかなりの容量が確保できているのですが、キッチン同様、ここまで料理を作る環境がばっちり整うと、やる気が変わってくるというものです。

旗の台B号棟造作家具 (1)

カウンターの上からコードを通して、下のごみ箱スペースの裏にあるコンセントに配線できるようにしました。天板はステンレスのバイブレーション仕上げ。鈍く光るのでぎらぎらといやらしい感じがありません。背面の壁にはガラスモザイクタイルを貼りました。これもTOYO KITCHENショールームに行った時にヒントを得て、ご希望されたものです。棚の右側にはご主人チョイスの冷蔵庫がぴったり入るように設定しました。家と同様に長く使い込んで頂ければと思います。


弊社ではオーダー家具も設計致します。 オーダー家具というのは、買ってきたものと違って、ご要望や使い方に応じてきめ細かく設定できながら、家の雰囲気にぴったり合ったものが出来ます。場合によっては空間の主役にもなり得るわけですが、花瓶やカーテン、絵画のようなインテリアアイテムではカバーできないベースとなる空気感を作り出せます。

今回の家具も、似たような家具を購入すればかなりお高い買い物になったでしょうし、かといってスペースにぴったりフィットするとも限りません。家具を購入しようかどうか迷われている方、気になった方はご一報ください。製作家具の魅力を一緒に追求しましょう。