第5回空間デザインコンペティション

第5回空間デザインコンペティション応募案 佳作

第5回空間デザイン

大学4年生の時に出した初めてのコンペ案。

人の重みで透明のガラスがひずんで白濁し、移動の軌跡が雲の流れのように残ります。

美術館として考えました。例えば絵画の前であれば直線的に雲が残り、彫刻だと回り込むような雲の軌跡が残り、展示作品と共に空間の雰囲気が変わるような美術館です。