AKIM株式会社本社屋 守衛所・車庫・倉庫編

守衛所

守衛所と奥に見えている車庫は、屋根の高さを揃えて視覚的に連続したアプローチスペースとなっています。屋根を曲線にしているのは守衛所としての広さを確保しつつ、内部に進入するに従い、物理的にも視覚的にも広がりを持たせるためです。
AKIM ゲートから守衛所を見る

AKIM 守衛所のファサード
中央の駐車スペースを挟んで左手に屋外トイレがあります

AKIM 守衛所と車庫の夜景

倉庫

木造平屋で、左側はバイクと駐輪スペース、右側はフォークリフトや草刈り機、工場のゴミ、テニスコート用の砂など、工場の維持管理ための備品がストックされます。
工場以外の建屋の屋根の厚みはすべてそろえ、意図的に厚く設定してあります。これは屋根が薄いと隣接する巨大な工場建屋に対して貧弱に見えてしまい、バランスが悪いためです。
AKIM 倉庫

車庫

5台並べられるよう、約13.5mのスパンを飛ばした鉄骨平屋です。
左右は1mずつの柱型となっており、4隅に収納が配置されています。
AKIM 車庫

テニスコートは車庫より80~90cm下がったレベル設定となっており、練習風景を気持ちよく見渡せます。

Photo : Rio Kurosawa

 

AKIM株式会社本社屋の関連記事はこちらです。

アキム株式会社さんは精密機械部品を生産する機械を世界中に納めている企業です。工場の全体イメージを共有するため、企画の初期段階からパースをフル活用しました。
埼玉県東松山市に2018年8月に竣工した「アキム株式会社 本社屋 新築工事」のメイン記事です。
アキム本社屋の工場附属施設です。
アキム本社屋の工場附属施設である研修センターとテニスコートです。強力な社会人チームを抱えるアキムさんの日々の練習を支える施設です。
アキムさんの本社屋竣工にあたり、ドローン撮影も行いました。「衛星写真」とも「航空写真」とも異なる、新しい視点を楽しんでください。
無数にある工場内の各諸室をピックアップして掲載します。工場内の安全面の工夫や、社長の社員への気配りなどが随所に散りばめられています。
アキムさんの本社屋の水廻りです。国内外から視察に来られるお客様も多いため、水廻りにも気を配りました。