AKIM株式会社本社屋 企画設計編

パース

アキム株式会社(AKIM)さんは、スマホなどに組み込むカメラモジュール、水晶デバイスやセンサーを大量生産する、精密機械を設計製造されている企業です。埼玉県の東松山市の工場から、世界中の企業に納品されていらっしゃいます。皆様のスマホやデジカメの中にもアキムさんの機械で作った部品が組み込まれている可能性が高いです。
AKIM本社屋・全体メインパース

本社屋新築計画は3年がかりのプロジェクトとなり、2018年8月に竣工しました。

半年の間、社長やスタッフの方達と議論しながら細部を詰めていきました。本稿は、その段階でできたパースなのですが、これによって細部のイメージ共有がうまく進みました。
AKIM本社屋・メインゲート
アキムさんではソフトテニスの社会人チームを抱えており、全国大会でも上位に食い込む実力派です。敷地の広さを活かして2面のコートと研修センターを設置しました。一日の業務が終わった人から練習を始めます。

AKIM本社屋・鳥瞰パース1
10,000㎡の特殊な形の敷地内に、各要素をどのように散りばめるか、長期的な使い勝手や維持方法を粘り強く検討しました。並行して外部からの見え方や、内部の使い勝手に至るまであらゆるところに気を配りました。

AKIM本社屋・鳥瞰パース2

AKIM本社屋・工場敷地の裏手から

AKIM本社屋・テニスコート周りの鳥瞰

AKIM本社屋・テニスコートと研修センター

AKIM本社屋・テニスコート / 夜の練習風景

AKIM本社屋・夜の外観イメージ

AKIM本社屋・夜明けの外観イメージ
↑CGです

スケッチ

ちなみに当初は守衛所の設置は予定していなかったのですが、あったほうが良いとご進言し、素朴ですがイメージ図をつくりました。

結構気に入っていただいて、守衛所はこうなりました。

 

■模型

2m角ぐらいのパネルを現場に用意して頂き、現場事務所に巨大な模型を設置しました。これでも1/100模型ですが敷地の1辺が150mあるので必然的にそういう大きさになります。

作り込んだ模型ではないのですが、施主を交えての定例に使うためでもあり、現場管督が職人さんたちが工程を確認するのに活用していただきました。図面だけでは伝わらないことも多いだろうと判断したので作ったのですが、設計の細かな意図を現場と打ち合わせする際にも大活躍した模型です。現場終盤では砂埃にまみれてボロボロになりました。でも作ってよかったなと思っています。

周囲は透明の塩ビ板をフェンスがわりに立て、敷地の内外からの高さ関係をチェックしました。3Dソフトで細かな地形を再現しつつ、ブロック数量を拾って積算に活用しました。

CG,Photo:Rio Kurosawa


AKIM株式会社本社屋の関連記事はこちらです。

アキム株式会社さんは精密機械部品を生産する機械を世界中に納めている企業です。工場の全体イメージを共有するため、企画の初期段階からパースをフル活用しました。
埼玉県東松山市に2018年8月に竣工した「アキム株式会社 本社屋 新築工事」のメイン記事です。
アキム本社屋の工場附属施設です。
アキム本社屋の工場附属施設である研修センターとテニスコートです。強力な社会人チームを抱えるアキムさんの日々の練習を支える施設です。
アキムさんの本社屋竣工にあたり、ドローン撮影も行いました。「衛星写真」とも「航空写真」とも異なる、新しい視点を楽しんでください。
無数にある工場内の各諸室をピックアップして掲載します。工場内の安全面の工夫や、社長の社員への気配りなどが随所に散りばめられています。
アキムさんの本社屋の水廻りです。国内外から視察に来られるお客様も多いため、水廻りにも気を配りました。